5/31、6/7、6/9 芦ノ湖 エビススタッフの釣果です!

5月31日、6月7日、6月9日、芦ノ湖に釣行したエビススタッフの釣果報告です。



まずは5月31日。
元箱根湾内からラインを出し、弁天方向へ向かいました。
弁天〜大島〜コベリ〜三ツ石〜トリカブト〜三ツ石と流し、白浜へ。

岸際を流していると、沖表層で魚が跳ね始めたので、
ラインを両舷3色にして3〜4kで沖合を流すとアタリが連続するも乗らず。
で、やっとヒットしたのはコニジ・・・でした。
見ていると良型も跳ねているので、期待をしながら一定の水域をグルグル迷走。
そのうち、静かになったので移動。

白浜〜平岩〜ムジナ〜清水滝〜百貫から対岸の龍宮殿を目指します。

龍宮殿からスタートして、聖火台前〜マリーナへ流すと水深5m前後に固まった魚影が。
すぐにヒットしたのは30cmほどのブラウントラウトでした。
触らず、船際でリリースして和田方向へ。

和田〜蛙石〜仏石、そして立岩に向かって沖へ。
湖中央でターンして仏石へ向かい、水深25mほどで樹木園方向へ岸と平行に船を向けて数秒後、
凄い勢いでラインが出てヒット!

引きが強く、下へ突っ込み、なかなか寄らず、
魚体が見える船際まで寄せて、登録サイズのレインボートラウトを確認。

20170531001.jpg

レインボートラウト 50cm 1.52kg
レッドコア18lb/40ヤード
船速/3〜3.5k
水深/25m前後
時刻/9時半頃
ポイント/仏石沖
ヒットルアー/カズミノー T100FSA輝箔 18k金箔 グリーンバック

11時頃、再出船して成蹊〜ヒルガ〜龍宮殿と流し、午前上がりのため帰船しました。

そして6月7日。

20170607001.jpg

少し寒い朝でしたが、良い感じです。
駐車場で常連さんと会話をした後、出船しました。

朝からポツポツと魚は釣れますが、サイズは上がらず。
最後まで攻略できず、帰船となりました。

6月9日。
前回、良いところが無いまま終了となったため、なんとか1本と思い芦ノ湖へ出掛けました。

家で寝てしまうと起きるのが辛そうなので朝2時頃に家を出て駐車場でしばし仮眠、
起きたら隣に常連さんが到着されていました。

所々に霧が降りていて風はそれほど感じず、なんか早々に1本獲れそうな感じだったのですが・・・

20170609001.jpg

元箱根湾内からスタートして、弁天方向へ。
そのまま大島〜コベリ〜三ツ石。
ここまで表層を意識して流してきましたが、ここから6〜8色にしてトリカブト〜平岩〜百貫へ。
この間、コニジ1匹と寂しい感じ。

百貫から対岸の龍宮殿を目指して湖を横断していると、徐々に風が強くなってきました。
龍宮殿下から和田方向へ流し始める頃には時折、強い雨、風と荒れ模様。

そんな状況下の8時過ぎ、蛙石〜湖中央を流しターンして狙いは仏石ですが、
風が強く、仏ヶ崎方向へ船が流れ始めました。
水深20m程で岸と平行に流し始め、
仏ヶ崎の尾根の先端を通過する所で岸側のロッドが大きく曲がり、湖に刺さりました。

根掛かり?と思ったのですが、ラインが出ていく事も無くロッドは曲がったまま・・・
軽くスロットルで合わせを入れて巻き始めました。
とても重く、さらに風に流され船速も3k超と早いので、このままでは難しいと思い風裏へ船を向けました。

比較的スムーズにリーダーまで来たのですが、ここから抵抗が始まり強風の中、突っ込みをいなすのが大変でした。
ひとまず魚を見るまではバラす訳にはいかないと思い、慎重かつ大胆に寄せ、やっとサクラマスを確認しました。

20170609002.jpg
20170609004.jpg
20170609005.jpg

サクラマス 50cm 1.5kg
レッドコア18lb/60ヤード
船速/3.2〜3.8k
水深/20m前後
時刻/8時過ぎ
ヒットルアー/カズミノー T75FS 稚魚カラー

久しぶりのサクラマス、さらにちょっと狙っていたので嬉しかったです。
生簀に入れても元気そうだったので、仏石〜樹木園沖を往復して、一旦、検量のため帰船しました。

20170609006.jpg

その後は特に何もなく、登録サイズとは出会えず帰船となりました。

by いいだ☆
関連記事

0 Comments

Add your comment