10/31、11/10、芦ノ湖 エビススタッフの釣果です!

まずは10月31日、芦ノ湖に釣行したエビススタッフの釣果レポートです!



ダービー最終日とあって、駐車場には多くの釣り人が集まっていました。
久しぶりにお会いする方達と昨日の状況などをお話して、出船準備をしました。
桟橋に向かうと、先に出船していたお客様が戻ってきていました。

カズミノーで釣れたとの事で生簀を見せていただくと体高のある綺麗なレインボートラウトが入っていました。
出船直後に釣れたそうです。
素晴らしい〜!

さて、まずは湾内の表層をチェックするため1〜2色、3k〜3.5kで30分ほど流しました。

その後、大島〜小島〜コベリを流しましたが、ヒットはありませんでした。

東岸へ移動して山のホテル沖から流し始め、青屋根の手前でロッドが曲がりました。
上がってきたのは登録サイズは微妙なブラウントラウトでした。

20171031001.jpg
20171031002.jpg
(38cm、70ヤード、1.6〜2k、8〜15m、T95FS白銀箔)

ヒルガ沖でターンして再度成蹊へ向かい往復しました。
ヒルガは立ち込みが多く岸へは寄れないため、沖を通り庭石へ。

岸側60ヤード、冲側20ヤードで庭石前を通過した時に冲側にヒットしました。
元気が良くて中々寄せきれず少し弱らせてから寄せました。
上がってきたのは登録サイズ確定のレインボートラウト♪

20171031004.jpg

レインボートラウト 47cm 1.32kg
レッドコア18lb/20ヤード
船速/2.5k/h前後
水深/5〜13m
ポイント/庭石
時刻/
ヒットルアー/カズミノーT8FS ギャラクシーシェル
(47cm、1.32kg、2.5k前後、5〜13m、T8FS)

お昼頃に検量に戻り、トイレ休憩後、再スタートしました。

20171031005.jpg

午後はブラウントラウト狙いに絞り、成蹊でのデータを中心に10m前後の底を意識して流しました。

ヒルガでコニジが1匹釣れただけで、アタリも無く帰船時間となったので桟橋に戻りました。

ダービー登録最終日にひとまずレインボートラウトが登録出来て良かったです。
できればダブル登録と行きたかったのですが・・・まっ良しとしましょっ!

20171031006.jpg



そして、11月10日の釣果レポートです!

ルアーテストを兼ねての釣行です。

20171110001.jpg

駐車場に着くと気温は6度!
防寒準備をして、出船しました。

今日のテーマは岸沿いで勝負♪

20171110002.jpg

両舷20ヤードにセットして、テストルアーを流していきます。
弁天から大島へ・・・・・が、大島付近はすでにワカサギ船に占領されていました。
・・・まぁ〜、岸沿いだから引けることは引けるんですけどね♪

それではって事で、弁天周辺をグルグルと流して鳥居方向へ。

表層で魚が跳ね出したので、沖目表層を流しながら成蹊へ。
成蹊〜ヒルガ〜庭石、ターンして青屋根の尾根を流して庭石へ。

ルアー交換のため沖に一旦出て、雨量計目指して岸へ突っ込みます。
かけ上がりの水深10mほどでターンしてマリーナ方向へ。
特に魚探に反応はなく、沖へ向かうため、ゆっくりターンを始めた瞬間、
岸側のロッドが大きくしなり凄い勢いでラインが出て行きました。
慌ててサミングで勢いを止め、ロッドを手に取ります。
反対側を回収しながら、やり取りをしてなんとかリーダーまで来ましたが、
ここで数度、ラインを出されヒヤヒヤ・・・

じんわりと寄せてくるとフックが微妙な位置に掛かっているのを発見。
無理せずまったりと寄せて、ようやくネットイン!!

20171110003.jpg
20171110004.jpg

レインボートラウト 56.5cm 重量未計測
レッドコア18lb/20ヤード
船速/3.2k前後
水深/7〜12m
ポイント/龍宮殿下
時刻/8時頃
ヒットルアー/カズミノーT8 アルミ箔 ブラックバック

少し元気がないので、しばらくネットに入れたまま湖水で休憩させます。
その間に生簀へエアーポンプをセット。
生簀に入れ、さらに10分ほど休ませました。
エアーポンプのお陰か、元気に泳いでいます。

このまま帰船までお付き合いいただきました。

で、結局、その後はブラウン狙いに徹するも魚を見ることが出来ませんでした。
そう簡単には釣れませんネ。
次、頑張りまーす!

by いいだ☆
関連記事

0 Comments

Add your comment